Comment on page

より広い経済圏へのオープンな相互互換性

トークンエコノミーはその経済圏が広いほど価値があります。より多くの人がそのトークンを保有し取引する状態を作ることは、トークンエコノミーの価値を高めるのに重要です。これはFiNANCiEのコミュニティにとっても同様であり、他のトークンエコノミーとオープンにつながるためにはブロックチェーンへの接続は欠かせないものです。現在、世界にはBitcoinをはじめとして、EthereumやBSC(Binance Smart Chain)など様々なパブリックチェーンが存在し、各チェーンにトークンエコノミーが存在します。また、それぞれのチェーンはインターオペラビリティによって接続され、経済圏同士の接続技術も日進月歩で進化しています。スポーツクラブやクリエイターのビジョンの実現は、もはや特定の国・地域に限定されるものではありません。現状のFiNANCiEはこの互換性を実装していませんが、ERC20規格のFNCTを通してブロックチェーンに接続することで、世界中全てのユーザーとFiNANCiEのトークンエコノミーを繋いで行きます。